小さくて強い会社、顧客満足を超える「顧客感動」を常に生み出し続ける会社になるために。

どの会社・組織でも陥りやすい課題状況を踏まえ、その原因を根本から解決することで、

全ての会社・組織が、最強のドリームチームになることができます。

このような状況があっては

組織としての大きな成果を得ることは困難です


経営理念や組織のミッションが

スタッフ全員に浸透していない

人は一人一人情報の受け取り方や理解の仕方に違いがあります。

文章を読むほうがいい人、図や画像を見てイメージで捉えたほうが理解しやすい人、一度で理解する人、何度もじっくりと考えて理解する人…

ところが、組織においては、全員一律の伝え方で情報伝達をしています。

これでは、全てのスタッフが同じ水準で物事を理解することは不可能です。

スタッフ全員が100%実力を発揮できていない

経営者や上司から見れば、大したことのない問題のように見えるのに、大きな壁にぶつかって乗り越えられない、と悩んでしまうスタッフがいます。

仕事への取り組み方には一人一人、得手・不得手があります。たとえ、上司が自分の過去の経験談を使ってアドバイスをしても、異なる能力特性を持つスタッフが、上司と同じやり方で課題をクリアすることはできないのです。

仕事へのモチベーションが上がらないスタッフがいる

「頑張れ!やる気を出せ!」と言ったところで、やる気は出てきません。

一方で「最近の若者はメンタルが弱いから」と片付けてしまう例も多く見られます。これも意味のないことです。

本当のモチベーションを生み出すには、本人の「自己承認度」を高め、ありのままの自分を受け入れられるような動機付けを行い、一人一人に合った方法で育成していくことが必要です。