会社は「人」でできています

そこで働くすべてのスタッフが「自分らしさ」を発揮し、

持ち味を100%活かしはじめたとき、

会社は最強のドリームチームへと向かっていきます。


経営者の思考の整理と
人材育成方針の明確化

経営者の方との面談を行い、会社の経営理念を再確認するとともに、それに沿った人材育成方針の明確化を行います。

会社組織全体にとっての成果の明確な定義により、自社に必要な人材像が明らかになっていきます。

経営者からスタッフに対して、何を、どのように伝えるべきかが整理されることで、社内のコミュニケーション改善に大きな効果が得られます。

 


一人一人の能力特性に合った

仕事の仕方を確立する

一人一人の能力特性を「ネイチャー理論」を使って紐解きます。
仕事への取り組み方やコミュニケーション上の問題を把握し、その人の能力特性が最も活きる方法を見つけます。

一つ一つ、実践を積み重ねていくことで、小さな成功体験が生まれ、自信を持って仕事に取り組めるようになっていきます。

自分本来の「ワークスタイル」を理解することで、効率的でより成果の上がる仕事の流れを自ら生み出すことができます


能力特性を活かし合う

チームフォーメーション

「ネイチャー理論」による能力特性の体系化手法を用いることで、チーム内のコミュニケーションや情報連携が最も行いやすい人員配置が実現します。

無駄なコミュニケーションロスをなくすことで、スタッフ全員が成果に向けた活動に集中することができるようになります。

組織内での人間関係の問題も改善し、心理的なストレスの少ない職場になることで、スタッフのモチベーションを良好な状態に維持することができます。